2010年12月22日

外壁の塗装が終わった

突然だが、神戸に引っ越した。引っ越したといっても事務所は前の家にあるし、事務所どころか数々の所持品もそちらへ置いたままであるので、比較的頻繁に行ったり来たりしてはいる。そんなことを6月頃から始めていた。開始した当初は拠点がまだ柏原で、神戸には荷物を運ぶついでに泊まりに来ていたという感じであったが、8月末にこれが逆転し、大体運搬も落ち着いたのが10月頃である。このブログがほぼ放置されていたのはおよそ左様な事情からである。本当はサボっていただけなのだが、そういうことにしておく。

現在住んでいる家は父の持ち家である。ぼくが小学生の頃、世人にとって土地付きの一戸建てというのはなかなか購入が難しい代物であったそうだ。もちろん今でもキュウリを買いに行ったついでに買い求めることができるようなものではないが、金額的なこと以上に、当時はモノが払底していたらしい。そこでどうなるかというと、抽選になるのである。当選すると、オプーナではないが、「良くぞ引き当てた。家を買う権利をやろう」という按配である。父はクジ運のいまひとつな星の下に生まれたようで、あちこちのニュータウンを巡り歩いたものの、この「家を買う権利」とやらがなかなか当たらなかった。それがとうとう神戸のこの家を購入できることに決定し、いざ思い切って購入したと思ったら半年後に東京へ転勤となり、家族共々そちらへ引っ越しが決まった。以来二十年に渡って他人に賃貸し続けたという、いろいろ言い尽くせぬ想いの詰まった物件なのである。

築二十年というと普通かなりガタが来たりするものだと思うが、この建物は比較的頑丈に造られているらしく、建具に使用感があるのを除けば、実用上何の問題もない。消耗している辺りを修繕してやれば短くともあと二十年は快適に生活できそうだ。という訳で、まずは壁くらい塗ってもらえと父から指令があったので、近所のホームセンターに塗装を依頼した。ここ数日間というもの家の中にいると相当にやかましかったが、依頼した甲斐もあり、壁だけを見るならまるで新築のようである。

二十年間ほったらかしにすると庭木もすごいことになる。何しろ向こう側が見えない。しかしこちらは相方のご両親がかなり力を入れて剪定してくださったので、かなり見晴らしの良い、気持ちの良い庭になった。

この庭には花壇があって、先述の半年だけ住んでいた頃、そこにはミニトマトを植えたものだった。最初の収穫こそ皆で喜んで食したが、ミニトマトというのはシーズン中いくらでも生り続ける。我が家において、ミニトマトを庭に植えるのは一株だけで良いという結論に達するのにそう時間はかからなかった。

相方がこの花壇で何か野菜的なものを育てたがっていたので、以上のようなエピソードを話して聞かせたところ、どう伝わったものか却ってやる気が出てきたようである。アスパラガスを作りたいと言うが、あれは放置しておくと大変なことになるらしく、その様といえば食べきれぬほどできるなどという甘いものではなく、まさに惨状というにふさわしい事態になるそうだ。ただプランターで育てればかなりマシであるようなので、挑戦するならそのようにすると決めたようである。となると、花壇のスペースは空いたままである。ぼくとしては、先日見かけたしいたけの栽培キットを試してみたいのだが、日当たりが良すぎてダメだろうか。

posted by 白林檎 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 白林檎的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック