2011年03月12日

地震

大地震から一日が経った。東北地方が大変なことになっている。亡くなられた方には心からお悔やみを申し上げると共に、被災地域の一日も早い復興を願ってやまない。もっとも、水が引かないことには復興も何もないから、元の通りになるにはしばらく時間がかかるかもしれない。

東京や横浜でも結構揺れたようで、交通機関を中心になかなかの影響があったようだ。父は仕事で、母は所用で外出しており、父は社用車で移動できるから何とかなるだろうが母はどうだろうなと心配していたところ、いかなる魔法を使ったのか母の方が先に自宅へ戻っていた。一方、父は会社の同僚数人と自動車に乗り込み、順番に各自の家を回ったそうだが、結局移動には一晩中かかったそうで、電車もだが道路の方も聞きしに勝ることになっていたようである。

すぐ下の弟は地震発生当時やはり仕事で出ていて、そこからアパートまでマイカーで帰ったそうだが、こちらもすごい渋滞だったそうだ。被災地の方々とは比べるべくもない程度の影響ではあるが、それでもこちらとしては気を揉まされた。何しろ連絡がさっぱり通じなかったからだ。最終的に携帯電話網が復旧の兆しを見せたのは、日付が変わって今日の夜明け前くらいだった。

関西の方にも少なからぬ影響があった。三重や和歌山には大津波が押し寄せてきたし、最初の地震では大阪のビルも結構な横揺れを感じ、よもや震源が遠く離れた東北にあるとは思わなかったそうだ。

ところが、神戸では少しも揺れを感じなかった。揺れどころか、当初は地震の「じ」の字も感知できなかった。ぼくと相方が震災に気付いたのがメディアによる速報だったくらいのもので、まあ港の方には夕刻少々津波が来たようだが、大きな被害はほぼ無いと言って良いと思う。ただ、時を追うごとに、被災地は言うに及ばず日本全国にじわじわと影響が広がって行くのは空恐ろしい感じがした。いつまで経っても余震が収まらず、さらには震源が次第に南下していたのも実に嫌な感じであった。

そんな中、今日は福島の原発がエラいことになっている。原理的にチェルノブイリの事故のようなことにはならないそうだが、最悪の場合にはスリーマイル島の事故程度のことにはなりかねないという。今のところ最悪の事態には向かっていないようだが、今後も油断はできない。心身ともに削って対応に当たっている現場の方々には本当に頭が下がる。頑張ってほしいものである。

この災害で、NHKをはじめいくつかのテレビ局が、ニコニコ動画やUSTREAMで自局の報道のネット配信を行っている。最初期は一般ユーザーの無断配信だったのだが、NHKの担当者が独断でこれを許可し、さらには自前での配信に繋がったとのことで、担当者氏の英断には喝采を送りたい。これが迷走を続けるテレビ業界の転機となればと思う。

また、電話網が混乱する中、Twitterによる情報共有にも目を見張るものがあった。インターネットにはまだまだ未知の力が秘められている。ただ、どうしてもデマ情報も多い。いい加減な情報には踊らされないようにしたいものである。

地震はひとまず収まったが、救助や復興はこれからが本番となる。義援金を贈るなど、微力ながら何か手助けをしていきたい。

posted by 白林檎 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 白林檎的日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック