2009年10月10日

ウオッカ始動

今週の重賞は東京で毎日王冠、京都では京都大賞典が開催されるが、白林檎的注目は女王ウオッカの秋初戦、毎日王冠である。前売りでも断然の一番人気に支持されていることからも、彼女がこの秋の中距離路線の主役を担うことは間違いないと言って良い。

とはいえ、ウオッカは意外に休養明けが苦手な面があり、明日に限っては主役を別の馬に譲る可能性がある。その筆頭は、8歳を迎えても全く衰えを感じさせないカンパニー。そして今年の札幌記念で二冠牝馬ブエナビスタを抑えて優勝したヤマニンキングリーがそれに続く。今のところ二番人気に支持されているスマイルジャックは本質的にマイラーであり、この距離もこなせるとは思うが、ここは流石に相手が悪い。それよりは夏の上がり馬ナムラクレセントの勢いの方が面白そうだ。

ただし、連で買うなら軸としてはウオッカを信用したい。

◎カンパニー
○ウオッカ
▲ヤマニンキングリー
△ナムラクレセント

カンパニーの単勝、もしくは○−◎▲△馬連三点……にしようかと思うが、先週予想はそこそこだったものの買い方が悪くてサッパリだったので、馬券の種類については一晩よく考えることにする。

なお明日は京都競馬場フリーパスの日であるが、もし行けそうなら、天皇賞馬マイネルキッツに期待しつつ、テイエムプリキュアの単勝を握りしめてその大逃げを眺めようかと思う。



posted by 白林檎 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘタ馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック